禅の里モデルコース

永平寺鉄道 廃線跡地をたどるコース

2時間

かつての永平寺鉄道が開業した路線は、1944年に丸岡鉄道とともに京福鉄道に吸収合併され、やがてえちぜん鉄道への路線譲渡の際に譲渡されず、2002年廃止となりました。現在は6.5kmの遊歩道として整備され、一部は敷石(バラスト)や線路跡が復元されています。点在する遺構をたどってみると、また違った里の風景が見えるでしょう。鳥の声や風の匂いを感じながら歩いてみてください。

コースガイドを使う

START

永平寺口駅(旧 東古市駅)

永平寺口駅(旧 東古市駅)

国の登録有形文化財に指定されている白壁瓦屋根の木造駅舎は大正3年(1914年)築で、映画『男はつらいよ 柴又慕情』にも登場しました。構内にある遮断機は、電車が来ると「ジャンジャン」という昔ながらの音を響かせます。

1

煉瓦館

煉瓦館

線路沿いに煉瓦作りの立派な建物が見えます。かつての京福電鉄古市変電所だったものです。永平寺側へ延びる線路は、分岐してすぐに途切れています。

15

諏訪間駅跡

諏訪間駅跡

集落の中を進んで行くと、交差点に復元された線路跡を見ることができます。そこを通り抜けると、開けた田んぼの中に諏訪間駅があった空き地があります。

20

京善駅跡

京善駅跡

高速道路をくぐると、ひたすら真っ直ぐな道が目に入ります。再び集落に入ると鉄橋の先に京善駅の跡があります。

25

市野々駅跡

市野々駅跡

国道と並走し、カラフルな小学校を横目に進むと、田んぼの真ん中に市野々駅跡があります。

10

荒谷駅跡

荒谷駅跡

永平寺鉄道株式会社の駅跡です。駅舎やホームは跡形もありませんが、「あらたに」の看板が遺っています。線路の上に国道が鋪装されています。ここから半分が当時のままの砂利道になります。

20

門前駅跡

門前駅跡

永平寺鉄道の終点です。現在は町営第三駐車場として、来訪者を迎えています。ここから国道へ出ましょう。すこし上がると、かつて乗客を迎えていた「本山まで七丁」の碑が立っています。

5

永平寺駅跡

永平寺駅跡

京福永平寺バス停裏の平らなコンクリートがかつての京福電鉄永平寺駅のホームです。工事技術が向上して終点駅がより永平寺に近くなりました。バスで永平寺口駅に戻る際はここからご乗車ください。時刻表はこちら

GOAL