福井のご当地みやげ

越前焼き

越前焼き

日本六古窯のひとつに挙げられる、平安時代からの歴史がある陶磁器です。釉薬を使わず高温で焼かれ、薪の灰が溶け込む自然釉の風…

詳細へ

越前打刃物

越前打刃物

刀鍛冶・千代鶴が伝え、漆かき職人とともに広まったとされる越前打刃物。日本古来の火づくり鍛造技術による鋭い切れ味が伝承され…

詳細へ

越前漆器

越前漆器

漆塗りの堅牢さに加え、蒔絵や沈金の技法による華麗な装飾性を備えています。塗りと研ぎを繰り返して漆が放つ光沢には、うわべの…

詳細へ

越前和紙

越前和紙

1500年もの歴史がある越前の和紙は、その品質の高さから紙幣や証券に使われ、多くの画家にも愛用されています。伝統のなかで…

詳細へ

越前竹人形

越前竹人形

竹かご職人の遊び心から始まった越前竹人形。反りや節など竹そのままを活かすよう、手を加えすぎずに表現されるクオリティは必見…

詳細へ

若狭塗箸

若狭塗箸

貝や卵殻、松葉を漆で塗り込み、模様を研ぎ出す「おこし模様」。この技法によって、どれひとつとして同じものが無い柄が浮かび上…

詳細へ

羽二重餅

羽二重餅

福井で盛んだった絹織物「羽二重織り」にちなんで生まれたお菓子です。餅米を水飴で練り上げていて、口当たりは絹のようになめら…

詳細へ

地酒

地酒

米どころで水も綺麗、そして独特の冬の寒さがある福井は、日本酒造りには最適な土地です。永平寺町だけでも「黒龍 黒龍酒造」「…

詳細へ

鯖のへしこ

鯖のへしこ

鯖に塩をふって糠漬けにした郷土料理です。そのまま薄く切って刺身で、糠をつけたまま軽く炙って、ごはんのお供や酒の肴にぴった…

詳細へ

花らっきょ

花らっきょ

小粒で身が締まった「花らっきょ」の歯切れの良さは、一度覚えると他のらっきょうが食べられないほど。炎天下の砂地で行なわれる…

詳細へ