禅の里 永平寺とは

わたしたち里人が禅の里のいい所をご紹介します。

ほっきょ荘・小畑克紀さん

“禅の里”とは、禅宗 曹洞宗の大本山永平寺とその門前町をあわせたエリアのことをそう呼びます。開創以前より今日にいたるまで、寺僧と町人とが互いに手に手を取って発展してきた地です。毎年多くの参拝客が訪れる、福井県を代表するスポットのひとつとなっています。

ちなみに“永平寺”という言葉は、大本山永平寺・吉田郡永平寺町・永平寺近辺(旧永平寺町≒禅の里)のことを指して使われます。

福井銀行永平寺支店・畑中さん

そんな禅の里を紹介する、スマートフォンアプリ「禅の里 永平寺アプリ」ができました。永平寺に行く前に知ってより楽しい・永平寺に来て使ってもっと楽しい、そんなコンテンツがいっぱい詰まった観光ガイドアプリになっています。その中身をちょっとだけ覗くことができるのが、このWEBサイト「こころを育む 禅の里、永平寺」。興味がわいたらぜひアプリをダウンロードしてください。

禅の里アプリ